レインマン

この映画は正確にはカジノ映画とはいえませんが、映画評論家の間ではどのシーンも名シーンとされています。監督はバリー・レヴィンソン、主演はトム・クルーズとダスティン・ホフマン。第61回アカデミー賞では4つのアカデミー賞(オリジナル脚本賞、監督賞、主演男優賞、作品賞)を受賞、第39回ベルリン映画祭では金熊賞を受賞しました。
インターカジノのライブカジノで本場カジノを体験したい方はコチラから!

映画は、トム・クルーズ演じる主人公のチャーリーが、兄の数字に対する驚異的な能力を利用してお金を稼ぐという物語です。ダスティン・ホフマンのカードカウンティングのシーンにより、カードカウンティングという方法が大衆文化に一気に普及するようになりました。特にダスティン・ホフマンがまるで人間計算機のようなキャラクターを見事に演じるこのシーンは、ブラックジャックを描いたものとしては映画史上屈指の名シーンといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *