カジノ

マーティン・スコセッシ監督が1995年に製作したこの映画は、実在の事件をもとに、マフィアの人生とはどんなものなのか、帝国を築き上げ、最終的にはすべてを失っていくとはどんなことなのかを描いた傑作とされています。カジノやギャンブルの世界における暴力を描いていますので、そいうのがお好きでない方には向いていません。

ロバート・デ・ニーロ演じるサム・ロススティーン(通称エース)は、ラスベガスの有名カジノで日々の運営を監視する任務を任されていました。この映画では、カジノ運営の冷たく厳しい真実が描かれています。エースは、気づかない間に、仕事の難しさ、そして人間関係を維持することの難しさといった困難に見舞われていました。周囲の絶え間ない変化の影響を受けていたのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *